• 大宮の本格ボイストレーニングなら【Vocal Studio 802】

皆さんこんにちは。
Vocal Studio 802 講師の井田幸乃です。

今日は、育休明け初の体験レッスンをさせていただきました。
はりきり過ぎて、座学から実技まで、詰め込み過ぎてしまったかもしれませんが(すみません!) とても楽しいレッスンでした^ ^

さて、「ボイストレーニング」というと、「良い声を出す為に、呼吸器や喉を鍛える」というイメージがあるかもしれません。しかし、先日書いた「腹式呼吸のメリット」の記事にも記載しましたが、無駄な力みは運動を制限してしまいます。だからと言って、フニャフニャに力を抜けば歌えるのかといわれると、それも違います。

脳は、使用頻度の高い筋肉の使い方を、普段するべき使い方と認識する為、良くも悪くも癖づいていきます。
呼吸や声帯の使い方に関して、フォームを覚えるのには当然練習が必要です。ですが、無駄な力を抜く、という練習はあまりされていないように思います。「力抜いて、リラックス!」と言われて急に脱力出来るものではなく、フォームを覚えるのと同様、無駄な力を抜く為の練習も普段からする必要があるのです。

声帯は閉鎖度が高い方が、芯のある、密度の高い音を作ることができます。しかし、発声関与筋を過度に力ませることで閉鎖を促そうとすると、高音発声に必要な筋肉の動きや、低音と高音を行き来したり抑揚をつけるための柔軟性に制限がかかり、喉頭が挙上したり奥に入って響きを損ねたりと、歌うには不向きな状態を作ってしまいます。かと言って、あらゆる音域で声帯閉鎖を自由に行えるようになるには、単に脱力するだけでは不十分です。声帯閉鎖に関して言えば、声帯閉鎖のトレーニングを、筋肉の過緊張を取りながら練習するという、一見相反することを同時に行うことが重要です。
一般的に良く知られている、「リップロール」(唇をプルプルさせる動作)や「ままままま〜♪」の発声はその代表ですね。それぞれ細かく注意することはありますが、「少ない息で」「息漏れや掠れない響きのある音」で練習するのがポイントです。筋肉に覚えさせるには時間を要しますが、歌唱力向上は、正しい練習を習慣化していけば、ほとんどの人が成し遂げられるものなのです。

そんなわけで、今日も楽しく練習に励んでいきましょう♪

ってもう寝る時間ですね。

おやすみなさい。