• 大宮の本格ボイストレーニングなら【Vocal Studio 802】

こんにちは。
Vocal Studio 802 講師の井田幸乃です。

歌を歌う多くの人が、音域によって声の出やすさ・出にくさがあるということに悩んでいるのではないでしょうか。

同じ声帯を使っているけど、低音は強く出せるのに、高音はスカスカ、その間の中高音辺りはひっくり返っちゃったりなんかして…一体なんでだろう。そう感じている人は多いと思います。

ざっくり言うと、低音は声帯を閉じる筋肉が優位に働いていて、高音は声帯を伸ばす筋肉が優位に働いているので、同じ声帯でも音域によって筋肉の使い方が違うんです。その中間の音域では、ちょうどその筋肉バランスが切り替わるところで、特に音が出しにくくなります。(喚声域、喚声点などと呼ばれます)

じゃあどう解決すれば良いのでしょう。
まずは、歌う時に力み過ぎていないか、身体と対話してみてください。地声で出せる音域では、力が入っていても難なく歌えたりするので力みに気づきにくいという特徴があります。是非、喋る位のボリュームで歌ってみてください。録音すると分かりやすいのですが、頑張って声を出すよりも、こもりや圧が軽減され聴きやすくなっているはずです。
中音域〜高音域では、力を抜いて歌うと、蚊の鳴くような頼りない声になってしまう人もいるかもしれません。この場合は、柔軟性を保ちながら声帯閉鎖を促す練習が必要となります。最小限の息で、息漏れや掠れを減らしていくトレーニングです。ここで息を強く当てすぎても、声帯がうまく閉鎖していない分、息漏れが多くなり、過緊張や疲労感を誘発してしまうので注意が必要です。筋緊張は音域を移動しにくくなったり息を無駄に増やしたりとトラブルの元です。歌い手は、表情筋から胸にかけて特に力みがちなので、揺らすなどしてほぐしてあげるのも効果的です。ひとりでの練習だと正解が見えにくいので、是非信頼できるボイストレーナーと一緒にやってみてください。

そう、ボイストレーニングで重要なのは、鍛えるよりも脱力していくことなのです。
お箸が使えるようになるのと一緒です。

そんなわけで、今日も楽しく歌っていきましょう!

ではでは。