• 大宮でベルティングボイスを手に入れるなら【Vocal Studio 802】

皆さんこんにちは!
Vocal Studio 802 代表講師の井田幸乃です。

ボイトレに通って、一生懸命歌の練習して、発声理論の勉強して、ライブもやって…それでも根本的な声の悩みが消えないのはなぜ?

真面目で努力家な人ほど陥りやすいボイトレの罠があります。

それは、発声理論に雁字搦めにされてしまうこと。

発声理論よりも先にやるべきことは、
「普段いかに良い声を出せているか」
に気づくことです。

驚いた声、楽しい笑い声、泣き声、怒った声、セクシーな声。

いろんな高さの声をいろんな表情(声色)で出せているはずなんです。

それを忘れて、いざ歌う時に、「歌うぞ」と身体が身構えてしまう。
本当は出せる声なのに、出せないと思い込んでいる。
高音が来たら、裏声に返して、声帯を閉鎖して…という具合に喉をコントロールしようとして不要な負荷をかける。あるいは力を抜くことで声が軽くなってしまう。

発声理論は確かに正しいです。良い声を出してる時、筋肉や声帯はこういう状態ですよと可視化されたのが理論ですからね。

とはいえ、声というのは、その人の心、感情や思いが音になるのであり、型を再現することで出るようには元々デザインされていないのです。

要は、発声理論は模範発声した結果の型です。型を知ることはとても良いことですが、その型に自分の声を制限されて歌えなくなっては本末転倒。

驚けば大きな高い声が、特に何を考えなくても、出ますよね。
なのに、同じ声をさあ出しましょうと身構えると、出ない。その時の感情にならないから、脳への刺激から身体反応に結びつかないのです。それと同様に、感情を置き去りにしたトレーニングで結果が出にくいのは至極当たり前のことだと言えます。

Vocal Studio 802では、うまく声が出せないからと、型通りにその人をトレーニングするという方法を取りません。
自分には既に素晴らしい声が備わっていると気付いていただき、それを磨いていくのが私たちのやり方です。既に持ってるものを見つけてもらうことで、結果も早く出るわけです。

NOTICE.

自分の素晴らしさに気づくことから全てが始まります。