• 『自分らしく自由に歌い生きるアーティストの為の場所。 本当の声を解き放つ、世界基準のボイストレーニングと  世界に一つだけのオリジナル曲』

    皆さんこんにちは!
    Vocal studio 802 代表講師の井田幸乃です。

    発声を整えると何が一番良いと思いますか?
    何のために発声を整えたいですか?

    私は、発声を整える最大のメリットは
    「発声のことを気にしなくて良くなる」
    ということだと思っています。

    歌唱に悩んでる時って、歌ってる時に「ちゃんと歌えるか」をすごく気にしちゃいませんか?苦手な音域ちゃんと出るかな、とか。サビの高音が近づく度に「来るぞ来るぞ」と思ったり。

    でも歌って、気持ちとか、情景とか、心の中を届けるものだと思うんです。

    心の中のスペースが歌唱への不安で埋め尽くされてしまえば、その曲の内容を伝えるどころじゃないですよね。心の状態は声に直接反映されますので、聴いている人にも不安感が伝わっちゃう。

    でも、発声のポジションが自分の中でしっかり把握できていて、歌唱への不安がなければ、心を情景や感情で満たすことができます。心のチャンネルを合わせることに集中できるというか。みんな、そういう声を聴きに来るんじゃないかな。

    上手いかどうかは関係ないという意見があります。私も上手い下手だけでは歌手を評価できないし、荒削りだとしても思いが伝わる歌が大好きです。とは言え、上手く歌えないことが歌い手本人の「心をさらけ出すこと=本当の声を出すこと」を妨げるのであれば、やっぱり発声は整えた方が良いと私は考えています。

    Vocal Studio 802 では、心と声を繋ぐボイストレーニングを行なっています。余計な情報や知識をはぎ取って、自分の本当の声を見つけた時に、涙を流す人がいます。生徒さんはもちろん、私自身も経験しました。自分の本当の心を開示できずに歌っているうちは、他人はもちろん、自分自身を感動させることはできません。

    心のコンディションによる身体反応で、声は勝手に出るようにできている。それを利用したトレーニングはとてもシンプルです。歌唱への不安、正しい発声への執着。歌っている瞬間、それらは雑念でしかありません。

    発声の心配や恐れを抱いて歌うよりも、愛を抱えて歌いたくありませんか?
    だったら発声は整えてしまいましょう。

    ではでは皆さん、良い1日を!

    明日ウェブセミナーの撮影をする為、布やライトを設置しスタジオを撮影仕様にしました。
    今日ブログに書いたような話をもっと詳しくお話ししています。お楽しみに!