• 『自分らしく自由に歌い生きるアーティストの為の場所。 本当の声を解き放つ、世界基準のボイストレーニングと  世界に一つだけのオリジナル曲』

    遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
    Vocal Studio 802 校長のYukinoです。

    年末年始、皆さんはどのように過ごされていましたか?

    私はですね、年末に2日間程お暇をいただき、家事も育児も夫に丸投げして、自分と向き合っておりました。

    自分の本当の願いとか、本当はやりたくないこと。
    自分が本当に欲しいものとか、捨てたいもの。
    そんなワークを、2日間部屋に籠ってやっていたんです。

    とっても長くなるので、詳しいことは後日書くとして。

    ひとつ決めたことは、「マネジメントを学ぶ」です。

    2019年にChico先生と出会ってから、私自身はもちろん、黒澤も生徒さんも、とにかく歌唱力が爆上がりしました。

    すごく喜ばしいことなんですけれど、私、思ったんですよ。
    「歌が上手くなったその先は?」って。

    これは今の私の価値観ですが、ぶっちゃけ、
    「歌なんて上手くなくたって、伝わればいいじゃん」
    と思ってるんですよね。

    うん、これはボイストレーナーやシンガーさんからお叱りを受けそうな感じですけどね。

    私もずっと「歌が上手くなりたい」と思ってたし、上手くない自分は歌手としてもボイストレーナーとしても価値がないと思ってたからこそ、90万円近いお金を払ってトレーニングを受けたわけです。そしてめでたく、それまでの歌唱の悩みはほぼ解消されました。

    もちろん「歌唱力」を追求するのであれば、自分より上手い人はたくさんいるんですけど、自己表現をするにあたっては、これで良いじゃん!というレベルは到達したわけです。

    そうなった時に改めて、「ああ、私の本当の願いって、自分を表現することなんだな」と気づいたんですよね。「歌い手として自己表現することで生きていきたい」と感じたし、それこそが「歌上手くなりたい」の奥深くにある本当の願いなのだと。

    皆さんはどうですか?
    自由な歌声を手に入れたその先には何がありますか?
    その歌唱力を使って叶えたい願いはありますか?

    うちでトレーニングを受けると、かなり上手くなります。
    そして上手くなれば多くの場合「ボイトレは、もういいかな〜」となります。
    ダラダラと惰性で通い続けるボイストレーニングなんていらないと思っているので、生徒さんが「上手くなったんで卒業します!ありがとうございました!」と言ってくれるのが最高だし、手に入れた歌唱力を使って人生を輝かせて欲しいと心底思います。

    でももしそこで、私と同じように、「自己表現していろんな人に共感してもらいたい」とか「相思相愛のファンに囲まれて音楽活動したい」「音楽だけで生きていきたい」と感じるのであれば、一緒にその願望を叶えていけたらもっと最高じゃない?と思ったんです。

    なので今年は、「マネジメントを学び、音楽で食ってく!」を私自身が実践し、成果を出していきます。しっかりと仲間に還元できるように!

    そんなわけで、今年もよろしくお願い致します!