• 『自分らしく自由に歌い生きるアーティストの為の場所。 本当の声を解き放つ、世界基準のボイストレーニングと  世界に一つだけのオリジナル曲』

    先日ご受講くださったKさまのSNS投稿です。

    ——————————————————————

    【Vocal Studio 802のボイトレがヤバすぎた!!!】

    今日Vocal Studio 802のボイトレを受けたよ!

    感想が長くなりすぎたってか私の個人的な過去の話とかを書きまくって長くなってるから前半後半に分かれてます。

    私の長年の悩み。

    地声の高音が全く出ない。

    元々声が低いから男性の曲しか地声で歌えず…

    小学校3年生くらいのときに

    ELTにハマり、私ももっちーみたいな可愛い声を出したいっ!

    と思い、裏声っぽく聞こえない強めの裏声を独自に開発。

    それで歌うのが楽しかったし

    コンプレックスだった低い声でなく

    可愛い声で歌えるようになって大満足のはずだった。

    でも気付いたら…地声が全く使い物にならなくなっていた!

    このままではいかん!と思いたしか

    25くらいのときにボイトレに通い始めた。

    録音しながらボイトレするところで

    自分の地声の下手くそさに吐きそうになりながら頑張った。

    2年くらいかな、通ったらちょっとマシにはなったけど、高い音は出ない。

    で、相変わらず悩みながら歌っていた訳なんだが…

    ときには自分の声に嫌気がさしたり、もう歌うのやめようかなと思ったりしながら、歌を投稿してみたりして、みんなが褒めてくれたりしてなんとか続けてきた。

    でも根本の悩みはずっと抱えたままだった。

    地声でかっこよく歌えるようになりたくて、体験レッスンに申し込みました。

    レッスンではまず、怒りをむき出しにして!と言われ、最初は戸惑ったけど、

    よいしょ!よいしょ!とやっていくうちに、

    ん?なんか、あれ?

    なんかよくわかんないけど出てる〜!!

    めちゃデカい声が出た笑

    元々声はデカくて、デカすぎてうるさいって言われるくらいだったんだけど、

    カラオケとかで歌うとき、うるさいって姉に言われてから大きくなりすぎないようにって意識するようになった。

    そしたら今度は声量が足りないと言われるようにw

    歌って本当難しい。

    というのは置いといて

    今日のレッスンでは先生が萎縮してる私の声帯を

    どんどん、ありのままの状態にはがしていってくれた。

    こんなとんでもなくうるさい声で歌ってもいいんだ。

    汚く歌うっていうのにものすごく抵抗があった。

    下手だと思われたくなくて、下手な自分なんて認めたくなかったから。

    でもそれは後から整えたらいいんだって、今はとにかく身ぐるみ剥がして、ありのままの私の声を目覚めさせる。

    子供のときにワンワン泣いたときみたいに。

    癇癪を起こして叫んだときみたいに。

    そんな風に歌っていいんだ。

    そんな風に声を出してもいいんだ。

    安心したら、どこまでも出る気がした。

    ずっとずっと心の中にあった

    私はもっと出来るのに…!!

    もっともっと歌えるはずなのに…!!

    っていうのを爆発させられた!

    まだまだ荒いし、とてもとても人に聞かせられるものじゃやいけど、、

    でも私こんなに出来るんだ、こんなにポテンシャルあるんだ。

    ってことに気付けて、それを知れて本当に良かった。

    802のボイトレコース絶対受ける!!!

    今日は本当にありがとうございました!

    とても感動的な体験だった。

    あまりの感動に、もっとこの声で歌ってみたい!って思って雪の中スタジオに行きました笑

    いろーんな歌がぜーんぶ地声で歌えるの!嘘みたい。

    野獣みたいな声だけど。

    みんなに聞かせられるようになるまで

    頑張って練習します!

    ————————————————————

    Kさま、熱い投稿ありがとうございます!

    この後、他に、

    「感動しすぎて長すぎる投稿になってしまいました。
    今日は本当にありがとうございました。特別な日になりました。SNS投稿書きながら泣いてしまいました。こんな素晴らしい発声法を教えてくださって本当にありがとうございました。」

    とメッセージをくださり、私も泣いてしまいました。

    コースで更なる飛躍を遂げていきましょう!