• 『自分らしく自由に歌い生きるアーティストの為の場所。 本当の声を解き放つ、世界基準のボイストレーニングと  世界に一つだけのオリジナル曲』

    こんにちは!Yukinoです。

    私のボイトレは上手くなるのがゴール、ではありません。

    ベルティングボイスができるようになることでも、ミックスボイスをマスターすることでもない。

    上手くなるのなんて、当たり前。

    ベルティングボイスもミックスボイスも習得するけれども、自己表現を実現する為に必要な土台でしかない。

    何年通っても上手くならないボイトレって本当に多いけど、論外だし、ただの時間とお金の無駄なので今すぐ辞めた方が良いです。

    私のボイトレのゴールは、

    「自分を発揮する」こと。

    何度でも言うけど、上手く歌うことなんて、ゴールじゃない。

    だけど、上手く歌えないって苦しんでるうちは、上手く歌うことに一生懸命になっちゃって、自分らしさを発揮するに至らない。

    高音に差し掛かると「ちゃんと声出るかな」とか
    苦手なフレーズになると「うわ、来た!」とか

    その瞬間に現れる恐れや不安って、声を通してオーディエンスに全部聴こえてる

    歌うことに支配されてる状態では、
    自分の心のままに歌うことなんてできない。

    ボイストレーナーって、歌手のそういうところまで担ってる。

    それを自覚して適切に導いていけると自信を持って言えるトレーナー以外に、大切な声を預けないでほしい。

    声はシンガーの命。

    発声の根本解決方法も伝えられないような、歌手活動の片手間で教えてる人を本当に多く見てきました。

    歌うことを大切に思うならば、トレーナーは絶対にちゃんと選んでほしいと思います。

    そして、本気で歌うことに向き合ってるシンガーに、いい加減なトレーナーを軽い気持ちで薦めないでほしいと思っています。

    そのトレーナーは、どれだけ成果を出せるのか?
    そのトレーナーは、どれだけ自分で歌って示せるのか?
    そのトレーナーは、本当にあなたの声の悩みを取り去る方法を知ってるのか?

    歌手にとって、ボイストレーナーを選ぶのは、自分の命を預けるのと同じ。

    そして、今まで聞いてきた「片手間でトレーナーやってる」人たちの言葉を思い出して、なんとも言えない思いになってた。

    シンガーたちが歌で目一杯表現できるように。
    そのために仕えるのがボイストレーナーなんです。