• 『自分らしく自由に歌い生きるアーティストの為の場所。 本当の声を解き放つ、世界基準のボイストレーニングと  世界に一つだけのオリジナル曲』

    皆さんこんにちは!

    Vocal Studio 802 代表 Yukinoです。

    埼玉県の大宮でベルティングボイスを教えています。

    今日は、「ベルティングボイスを習得する」ということについてお話しをしたいと思います。

    当教室の体験レッスンを受講していただくとお分かりになると思いますが、ほとんどの場合、ベルティングボイスにアクセスすることができます。

    「こんな高音が地声で出るなんて!」
    「今まで不可能だと思ってたのに!」
    「こんな簡単に出るなんて思いませんでした!」

    そんな喜びや驚きに触れるのは、私としても大変喜ばしいことです。

    そういったこともあり「Vocal Studio 802で体験レッスンを受けると、瞬時にべルティングボイスができるようになる」と言われることがありますが、半分正解で半分間違いです。

    「1回ベルティングボイスが鳴った」ことと、
    「ベルティングボイスを習得した」ことは、

    全く異なります。

    誘導のもとベルティングボイスを鳴らすのは、そんなに難しいことではないと考えていますが、これは「出し方を体感した」に過ぎません。

    自転車で言うと、補助輪付きで乗っている状態。

    最初は荒いベルティングボイスを、繰り返し練習して美しく磨き上げ、歌唱の中で安心して鳴らすことができる。これを「習得した」と言います。

    自転車で言うと、補助なしで乗りこなしている状態ですね。

    また、習得したとしても、ベルティングボイスを使わなかったり、練習をしなければ、当然精度が落ちたり、出せなくなったりします。

    感情の力を用いて声を引き出すことは確かですが、
    筋肉を使うことに違いはありません。

    運動神経は、狙った動作を繰り返すことでしか繋がっていきませんので、本当の意味での「習得」を目指すならば、反復練習は必須です。

    声というのは感情によって支配されます。緊張すれば震えたり不安定になるのは自然なこと。ですが、本番でそこを補ってくれるのは、やはり日々の練習で磨いた筋肉なんです。

    心と身体(声帯)はいつだってセットです。
    どちらが欠けても歌えない。

    1度ベルティングボイスにアクセスできたら、そこで得た感覚を大切に、反復練習をして、自分のものにしていきましょう。

    それが本当の「習得」です。