• 『自分らしく自由に歌い生きるアーティストの為の場所。 本当の声を解き放つ、世界基準のボイストレーニングと  世界に一つだけのオリジナル曲』

    皆さんこんにちは!
    Vocal Studio 802の井田幸乃です。

    昨日、インスタとTwitterでおさかな天国の動画を公開しましたら、ボイストレーナーのChiikoさんがピックアップしてくださいました。

    https://singchiiko.blogspot.com/2020/04/blog-post_10.html

    以前よりブログを拝読していた方なので、光栄です。
    さすがに素晴らしい声ですので、是非参考になさってくださいね。

    さて、マインドのお話の続きです。

    今回は、キャラクター別で同じフレーズを歌ったグラデーション動画を撮りました。

    IMG_1663

    「PRINCESS」という曲で、カナダの子供向けチャンネルBIG BLOCK SINGSONGより。

    ①ワガママ姫。(ベルティングボイス。勢い余ってがなっていますね)→ワガママな気持ちでやりました。
    ②元気姫(ベルティーミックス)→元気にウキウキしてやりました。
    ③ゆるふわ姫(ミックスボイス)→フワフワしてみました。
    ④アンニュイ姫(ファルセット)→セクシーな気分でやりました。

    子供のような説明分ですね。ですが、実際に気分で声は変わってしまうのです。

    人は多面的で、いろんなキャラクターを持っています。心模様で声が変わる。そんなマインドワークを取り入れたトレーニングをしています。最後の〆は②でやってみました。

    前回のブログで、脳は3層構造になっていると書きました。人の脳は割合として、理性よりも反射や感情を司る脳に比重が置かれていると。しかしながら、この3つの脳は連動しています。

    声が反射や感情で出てしまうのだとしたら、考える力を使い、その時の心情やシチュエーションをリアルに思い出すことで、身体(喉)を反応させる。反射や感情で自然に発声する性質を利用することで声をコントロールすることができるわけです。

    誰もが日常生活のあらゆる場面で出している声を思い出すようなやり方なので、5年10年歌えなかったフレーズが、一言か二言のアドバイスで歌えるようになってしまうことが普通に起きます。新しいテクニックでも何でもなくて、思い出してもらうだけだから。

    ボイストレーニングでマインドを最重要視するのは、そんな根拠があるからなんです。

    ではでは皆さん、おやすみなさい。